ただの日記とおかんメシ

日常の出来事、料理の記録、思いついたこと

スポンサードリンク

つくしはどう数える?不可解な小1算数の宿題

息子は現在小学校1年生。

学校でもらってきた算数の宿題に悩んでいた。

⑤のつくしの絵が10なのか5なのか。

f:id:nanaio:20140512124820j:plain

これ、私もわかんねー。

そもそも2本セットで生えているつくし見たことねぇー。

そりゃ息子も悩んで当然。

「母さんもこの問題はわからない。問題がちょっとおかしいと思うけど

 自分の思うように書いたらいいよ。間違ってもかまわないから。」

と息子に告げると悩んだ挙句、息子は丸をつけずに提出しました。

 

これをツイッターに投稿したところ

息子の疑問に同意して下さる方も多かったのですが、

「2、4、6と数える練習をしているはず。教科書にも類似問題がある」

とお返事を頂きました。現役の小学校職員の方から。

え?そこの問題じゃなくて・・・。

例えばこれが靴ならば右左セットで一足ならまだわかりますよ。

つくしですよ、ツクシ

一本二本と数えます。2本ずつで一束二束なんて数えます?

なんでこんな絵になっているのか謎です。

同様にさくらんぼやバナナで問題を出されて悩むお子さんも多いとか。

さくらんぼは一個二個、バナナは一本二本。

百歩譲ってさくらんぼは2個でひと房としても、

バナナひと房って大量にあるぜ。2本でひと房っていわないぜ。

 

担任の先生はおそらく学年で一斉に出される宿題プリントを配っていらっしゃるのだと思いますが、この問題を作成した人の意図はなんなのでしょう?

小学校一年生の子供に何を求めてこの問題を作ったのでしょう?

息子が悩んだのは数が数えられなかったからではなく

出題者の意図はどこにあるのか?ということ。

自閉症スペクトラムを抱えて字面通りに受け止める特性を持っているのですが

それでも息子なりになにを尋ねられているのか、

どう答えるのが適切なのか一生懸命考えました。

算数に文章題を理解するだけの読解力は必要だけども

空気読めみたいなことは必要なのだろうか?

 

私が予想するには

 ①出題者側の単なるミス

 ②思い込みから他者の視点に立ってない

 ③空気読む問題を意図的に出した

くらいしか思いつきません。

他にもさくらんぼやバナナなど類似の問題がよくあるということは

①ではなさそうです。(たぶん)

②も困ったことですが、③だとしたら恐ろしいなと思ってしまいます。

 

うちは子供が二人とも自閉症スペクトラムを持っているので

設問が少しでも曖昧なところがあるとわからないし

思いもよらぬ解釈をしたりします。

言われてみればそう取れないこともない・・という発想をします。

例えばこの記事の下の方に書いてあるようなことです。

笑い虫ゲラオ 自閉症ってこんなの? - うちの子流~発達障害と生きる

それでもね、今回のツクシ

私もこりゃねーだろと思った。

たぶん健常児のお子さんでも迷うと思うのですがどうなんでしょうね?

 

結局学校での正解は5だそうです。

2本セットかよっ!おかしくね?と私が思うのはさておき

子供には「学校ではこういうルール」と言うことで

納得できなくてもスルーすることを覚えてもらうしかないなと。

結果として満点で返却してもらいましたが

親子共々もやもやを抱えたままです。

保護者として、子供の学校生活をつまらなくしない為にも

安易に学校の否定をしてはならないことは十分承知しているのですが

それでも子供に言いたい。

それ、算数の力には全然関係ねーし!

息子は算数が大好きな子です。

寝起き一言目から数式を唱えるような子です。

この問題の件も普通なら取るに足らないことなのでしょうが

これだけで30分も悩んでいた息子にとっちゃ大問題。

こんなことで子供の算数への興味を削がないでいただきたい。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク