読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの日記とおかんメシ

日常の出来事、料理の記録、思いついたこと

スポンサードリンク

心臓カテーテルしてきたの続き

狭心症で心臓カテーテルしてきた。 - ただの日記とおかんメシ

の続きです。

施術後ICUに入ったのだが手首の止血がきつく痺れて痛い。

浮き輪のようなもので止血し徐々に空気を抜いて行く。

うまく血が止まらず途中で溢れてきた。結局圧力を抜くまで一晩かかった。

後の検査でわかったのだが、私の腕の血管には負担が大きかったようで

血管が詰まってしまったようだ。痛みが続いたのもそのせいか・・。

ずっと頭痛がする。血管を拡張する薬の副作用らしい。

腕の痛みでほとんど眠れず、翌日は両方の腕、脚に痛みが。

ふくらはぎがこむら返りを起こしているような痛み。

次第に全身に痛みが広がってきた。

背中や胸の痛み、再発しているのかと思ったが全身が痛いのでよくわからない。

度々痛みを訴えその度に心電図を取ってもらった。

3日目、少しずつ全身の痛みが和らいで行き、ICUからHCUに移る。

集中治療室では自分から外部へ連絡を取ることが一切出来ない。

テレビもないしリハビリ以外ベッドから降りることも出来ない。

退屈で人を眺めていたり、自分に繋がったモニターを見ながら

呼吸のグラフの形を色んなのにして遊んだりしていた。

痛み止めを飲みながらリハビリをしやっと一般病棟へ。

これでやっと外と連絡が取れる。

 

子供の事、家の事、気になることは山ほど。

とりあえず予定のキャンセル連絡をあちこちに入れた。

夫と年老いた父では家の事で手一杯だし、

子供の通級や療育、通院は私いでないとわからないのでキャンセル。

役員の連絡もなんとかお願い出来た。

月末も重なりやることはたくさんあったのに身動きが取れない。

学校のプール開きがもうすぐなのにプールバッグの準備や

水着のゼッケンをつけていない。

必要なものを連絡し見舞いついでに持ってきてもらってゼッケンを縫い付けた。

外はもう暑くなってきたのに、朝娘の髪を結ってあげることも出来ない。

私がいないと困ること多すぎない?

いざと言うときのためにもう少し考えておかないといけないなぁ。

そもそも探し物も片付けも下手揃いの家族。工夫しなくては。

 

一般病棟で同室の人に聞いた話だと、カテーテル中に私のように

痛みでギャーギャーいうようなことはなかったよう。

心臓に何か入っている感覚もなかったそうだ。

普通はあまり苦痛なく出来るらしい。

なぜじゃ・・

終わった後の全身の痛みもなく止血もすんなり。

なんか私とぜんぜんちがーーーう!!

最初のリハビリで10分間立ち上がるのにふくらはぎの痛みに耐えて

プルプルしながら我慢したのはなんだったのか・・・。

 

本来は最初に様々な検査を行ってからの治療だそうだが

私は緊急に処置が必要だったため、後から検査が色々あった。

末梢血管、頸動脈、下肢静脈、心臓、腎臓などの超音波検査

MRI、CT、心電図。

この際、しっかりとあちこちを見てもらおう。

一週間後、再度カテーテルで検査を受けた。

前回のバルーン治療をしたところが再狭窄を起こしていないか、

他の所に異常はないか、調べてもらった。

乖離していた血管壁が少しまだらに見えたが血流量はしっかり。

前回よりも細い管で痛みも軽く、意識もはっきりしていた。

自分でモニターを見ながら面白いなーと思いつつ楽に受けられた。

最後に腕の血管に造影剤を流された時はうおー!!ってうなった。

イタカッタ。めちゃくちゃ。

それでも最初に比べたらずいぶんと楽だった。

無事退院。

 

今日退院後初めての通院日。

今日も心電図やらエコーやら検査を受けて診察。

血液検査で出てくるらしい心筋梗塞の数値(?)はほぼゼロ。

心筋へのダメージはほぼなかったらしい。

エコーで見る限り少し動きが悪い部分があるそうだ。

3か月後にまたカテーテルで検査と言われた。

また・・・・orz

 

まだまだ通院と薬は続くようだが

とにかく生きてる。ありがたい。

もうちょい遅れて完全に心筋梗塞を起こしていたらヤバかったらしい。

まだ子供が小さいのだ。死んでる場合じゃねぇ。

せめてあと15年体が持ちますように。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク