読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの日記とおかんメシ

日常の出来事、料理の記録、思いついたこと

スポンサードリンク

娘を産んだ時

「つわり」がどれだけ辛いか記録しておく。 - 壁に向かってフルスイング

えこちこさんのこのエントリーを読ませていただいて

自分の妊娠中を思い出しました。

ボケて忘れないうちに私も記録しておこうと思います。

 

f:id:nanaio:20110514183534j:plain

旦那と入籍したのは9月の初め、

10月の終わりに結婚式を兼ねてバリ島へ新婚旅行に出かけた。

最終日あたりでぐったり食べられなくなった。

えこちこさんのおっしゃるように酷い二日酔いのような状態。

帰国してすぐに産婦人科へ。

当時私は37歳。結婚が決まった時からもう子供子供と急いでいた。

待望の妊娠!つか待望と言ってる割にはええ歳してすぐ出来た。

ひゃっはー!と喜びながら仕事に出かけた。

当時の私はホテルの宴会場で結婚式やパーティーの配膳をやっていた。

会場のセッティングで重い机や椅子を大量に運んだりの力仕事も多かった。

一日仕事して、出血。すぐに病院、即入院。

切迫流産だった。絶対安静。こりゃ今の仕事無理と退職。

入院中にも猛烈なつわり。

頭ではこれはつわりで別に病気じゃないってわかっているんだけども

もう一日が長すぎて長すぎて気持ち悪くて

これを後何時間続けなければならないのかと思うと気を失いそうになる。

二日酔いにもよく似てる。車酔いにもとっても似た感じ。

これが毎日続く。たいてい数か月で治まると調べたら書いている。

横になれば胃袋にフライパン入れた気がしてぐいーっと広げられる感覚。

米を炊く匂いが全く受け付けなくて、

延長コード出してきてベランダに炊飯器出して炊いていた。

結局つわりは終わらなかった。産むまで。

 

いよいよ陣痛が来た。途方もなく長く感じた妊婦生活もやっと終わる!

出せば終わる!でない・・・・・

結局20時間かかってへその緒が巻き付いて出てこないんで

助産師さんにおなか思いっきり押してもらって

ほぼ私が失神した状態で産まれた。

気付くと私の赤ちゃんはふんぎゃーふんぎゃー泣いていた。

私の胸元へ赤ちゃんを置いてくれた。

やっと会えた!かわいい!!ってのが普通の感想なんでしょうが・・

正直申しますと、

「うわ!本当に私の体から人間出てきたーーー」

今まで自分の体から出てきたものと言えば

いろんな汁と食べ物のなれの果てだけだったのに人間出てきた!

ピッコロ大魔王になった気分だよ!

サルとかガッツとかよく聞きますが

娘はくりくりの髪の毛がどっさり生えてて、体も毛まみれで

顔もどこが眉毛かわらかんくらい毛が生えてた。

ほっぺはぷくぷく足もぷくぷくで

毛まみれのつきたての餅のようでした。

 

産んだ病院では最初の1日は母子別室。

ふらふらで壁をつたいながら新生児室へ赤ちゃんを見に行った。

はげちゃびん(失礼)でちいさなかわいい赤ちゃんが並ぶ中、

絶対に取り違えないよなってほどひときわ目立つ

黒々としたくりくり頭とぼってりした頬。

私の娘だ。

じーっと眺めているうちに

あぁ、これが私の子供なんだなとなにか沸いてくるような感じがした。

かわいいのかどうかわかんないけど自分の内臓のような愛着を感じた。

自分にとってすごく大切なものなんだって実感できた。

 

人が赤ちゃん産むってごくごく当たり前のことのように思っていたけども

いざ自分が体験してみると

不思議でものすごく珍しいものに遭遇したように感じた。

同室になってからもとにかくじーっと見つめていた。

手ちっさ!爪ちっさくて細長い、足もなんじゃこれってくらいちいさい。

ミニチュア人間を眺めているうちにあぁなんかかわええ・・と思えてきた。

かわいさは日を追うごとに膨れてくる。

冷静に見ればブサイクな赤ちゃんなんだろうけど

自分にとっちゃ宝物。めちゃくちゃかわいい。

これが親の欲目ってやつなんだな。

 

あれから9年、暴れんぼうで突拍子もない行動、

死なないように育てるだけで必死だった幼児期、

障害があったり、怒って泣いて、追い詰められた時期もあったけども

常にいろんなものに興味津々で

前向きで元気で明るい娘に育ってくれています。

発想は抜群でいつもおもしろい作品を作っています。

表現は下手だけどまっすぐで本当は優しい心を持った娘。

これからどんなふうに育っていくのかな。

 

母さんの子供になってくれてありがとう。

元気に大きくなってくれてありがとう。

あなたのにぱっ!と笑った顔がたまらなく大好きです。

これからもよろしくね。

9歳のお誕生日おめでとう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク