ただの日記とおかんメシ

日常の出来事、料理の記録、思いついたこと

スポンサードリンク

食欲の異常。

排泄にも問題があったが

【閲覧注意】”んこ”と半世紀近く戦ってきた話。 - ただの日記とおかんメシ

私は食べる方にも問題があった。

そのことで病院にかかったのは子供の頃だけなので

正式にはどうなのかわからないけど摂食障害?だったのかもしれない。

 

子供の頃から好き嫌いがとても多かったのに、

厳しい母に無理やり食べさせられていた。

給食も残しちゃいけないと学校に言われていた。

食べることが楽しみなんかじゃなかった。小さい頃から。

苦痛だった。

私の偏食にはもしかして感覚過敏があったのかもしれない。

子供は二人とも発達障害児だし、私もその傾向があったのではと思っている。

 

小学校3年か4年ごろに夕飯の時間になると

必ず頭かおなかが痛くなるようになった。

自分では食べるのがイヤだからとか全く意識はしていなくて

本当に痛くなる。そして夕食の時間が終われば治る。

一度、おなかが痛いといって正露丸を飲まされて

のどを通った瞬間に治った記憶がある。

やっぱり精神的なものだったんだろうな。

そういうことがずっと続いたので病院に連れて行かれた。

親もおそらくどこが悪いのか想像もできなかったのだろう。

大学病院に連れて行かれてたくさんのお医者さんに囲まれて

(お医者さんの卵?)順番に脈を計られたり

なんかいろいろ検査したような記憶。

「好きな食べ物はなに?」と聞かれ

「そうめん」と答えた。

後でかーちゃんに叱られた。もっといいもん言えないかと。

そんなん無理だしwww食べることが好きじゃないのに。

結局、お医者様に言われて、一人分ずつ小皿に分けて盛り付けるのではなく

大皿に盛って好きなもの好きなだけ食わせろということになり

そこから夕飯の時の頭痛や腹痛もなくなった。

偏食は治らなかったけども特に厳しく言われることはなくなった。

 

中学生になったころ、今度は拒食と過食を定期的に繰り返すようになった。

徐々に振れ幅は小さくなったけども30代まで続いた。

よく摂食障害にはダイエットの願望があるって書いてあるけども

あまりそういうことは考えていなくて

ただ、おなかが全くすかなくなったり、

いくら食べても満足できなくなったりするのだ。

たぶん満腹中枢が壊れてたんだと思う。

ピークの頃は一年の間に体重の上下が20キロ近くあった。

身長は158cm。食べない時期は40キロくらい。

食べる時期は60キロ近くまで太った。

特に夏はおなかが空かなくなるので夏休みだけで10キロ落ちたこともあった。

食べる時はとにかくひたすら食べるので

一日7食、炊飯器がカラっぽになるまで食べ続けた。

中高生ってそんなものだと思っていた。

今から考えれば異常だったなと思うけども

大人になるまでさほど気にもしていなかった。

 

大人になると、食べられない時期の仕事が辛い。

体力もないし、体調も悪い。

40キロだけは何としてでもキープせねばヤバイと思い

太る努力をした。

これがツライ。食べたいものを我慢するより

食べたくないものを食べるほうが私にとっては格段に辛かった。

これ以上食べたら吐く、というところの寸前で止める。

吐いたら意味がない。

自分の好きなもので太りそうなものと言えば

その当時、缶コーヒーだった。砂糖たっぷりで太りそう。

あまーいカフェオレを一日に何本か飲んだ。

胃がやられた。余計食えなくなった。

慢性胃炎持ちだった。

カロリーメイトならどうだ!と飲むタイプ買ってみた。

不味かった。元々偏食なので口に合わないものが多い。

食べるタイプをおやつ代わりにガリガリ食べた。

ビールは太るとよく聞くのでたんまり飲んだ。

当時は酒飲むのが仕事だったのでひたすらビール飲んだ。

余計痩せた・・・・。

あれはつまみが欲しくなる人が多いためにそれで太るらしい。

ビールだけでは太らない。

私は飲みと食いは同時に出来ないので無理だった。

(今は少しは出来るようになった)

 

なんとかこれ以上痩せまいと努力しているうちに食べる時期がやってくる。

身長からして45キロくらいがちょうど体調もいいな~と思っていても

食欲は止まらず一気に通り過ぎ50キロを超えてしまう。

これだけ体重の上下があったら別人になりそうなものだけど

私は上半身や顔にあまり肉がつかない。

その分下半身に集中して肉が付くのだがぱっとみはそんなに大きな変化がない。

ついでに肉割れも全く出来ない。子供産んでも出来なかった。

 

歳を重ねるごとに

徐々に体重の振れ幅も拒食と過食の時期の周期も小さくなっていった。

30代では7~8キロの上下だった。

30代後半で二人産んだ時の体重変化は

47キロ→68キロ→52キロ→68キロ→55キロ

産むまでつわりが続いていたのだが食べづわりだったので

とってもよく太った。

今はほとんど55キロ前後で体重は安定している。

ついでに下の息子を産んでから上半身にも肉がつくようになり

少しはバランスよくなった。ぽちゃぽちゃだが。

好きなものを好きなだけ食べる生活で体重が安定している。

これは私にとってはすごいこと。

なので特にダイエットしたいとか思わない。

もう40代も半ば過ぎだし、健康の方が大事だ。

食べることが少しずつ楽しいと思えるようになった。

 

このように食べることに対して色々ツライ思いをしてきたのもあって

自分の子供には好き嫌いがあっても

栄養が極端に偏らない限りは好きなものを食べさせようと思っていた。

食べることが楽しいことだと思って欲しかった。

ところが出てきた子供はなんでも食べる子だった。

時々は匂いがダメとか食感がダメとかで食べられないものもあるけど

ほとんどのものは喜んで食べる。

それもものすごいよく食べる。

離乳食なんてどこで止めればいいかわからんくらい食ってた。

自分が食べることはあまり好きでなかったくせに

料理することは好きだったので

子供には自分の食べられないものも出来るだけ作っている。

味見しないけど。

美味しそうにぱくぱく食べる子供達は本当にかわいい。

力強く生きるってこういうことなんだなーって思う。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク