読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの日記とおかんメシ

日常の出来事、料理の記録、思いついたこと

スポンサードリンク

運動靴や上履きを出来るだけ素早く乾かす方法

子育て家事アイディア

週末になると子供が学校から上履きを持って帰ったり

学校用の運動靴をあらわなくてはなりません。

最近は土曜授業もちらほらありますし、

うちの子の通う小学校は白い運動靴という規定があるため

何足も用意するわけにはいきません。

これからの季節、寒くて渇きが悪かったり雨や雪だったり

運動靴を干すにはなにかと厳しい季節です。

 

まずは普通に靴を洗います。

洗った靴を洗濯機に入れ脱水をかけます。

f:id:nanaio:20141017091759j:plain

こんな感じに靴底を内側にします。何足もある時はバランスよく配置。

逆になると靴底で水分をブロックしてしまうので水が抜けません。

脱水をかけると水がしたたらないほどになります。

 

今度は古くなったり不要になったTシャツなどを適度な大きさに切ります。

これは普段からある程度の量をストックしておくと便利です。

f:id:nanaio:20141017090628j:plain

シミが出来てしまったこどものシャツを切っています。

生地はTシャツのような木綿のメリヤスのものがおすすめ。

水分をよく吸い取ってくれます。

(洗ったきれいなものなら下着でも靴下でもなんでもOK!)

 

この切った生地を靴の中にギューギュー詰め込みます。

f:id:nanaio:20141017090706j:plain

21センチの靴ですが子供Tシャツ1枚では足らず奥に別の布も詰めています。

適度な大きさにカットするのは大きいままだとつま先やかかとなどまで

きっちり詰め込むことが難しく隙間が空いてしまうからです。

奥から隙間なくぎゅーぎゅーに詰め込んでください。

f:id:nanaio:20141017090749j:plain

今度は切っていない子供の古いTシャツでくるんでいます。

包める大きさならなんでも大丈夫。

周りからも水分を吸い取ります。

このまま1時間ほど放置。

急ぐ場合は途中で中の布や外側を詰替えればより水分を吸ってくれます。

さらに急ぎの場合はくるんだ状態で再度洗濯機で脱水をかけます。

脱水をかけることで布に水分を移しやすいです。

 

ここまでやってから布を全て外して乾かせばかなり早く乾きます。

外が雨や雪で干せない時は

こたつの中、ホットカーペットの上など暖かいところへ。

さらに急ぐ時は(どんだけ急ぐよ)

最終兵器のドライヤーで。

 

外した布は乾かすなり洗うなりすればまた使えます。

Tシャツなどの生地は切りっぱなしでもほぼほつれません。

うちは普段から服を捨てる前に使えそうな布はカットしてストック。

トイレやガスレンジなどの掃除に使ってそのまま捨てます。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク