ただの日記とおかんメシ

日常の出来事、料理の記録、思いついたこと

スポンサードリンク

野菜を無駄なく!簡単袋漬け

4月の天候不順で野菜が高騰しているようです。

中途半端に残ったお野菜も無駄なく使いたいですよね。

最近ではジャーサラダが人気のようですが高温多湿な日本では衛生面が心配です。

うちでは使いきれないお野菜を時々袋で漬物や和え物にしています。

切って混ぜてほっとくだけで簡単な一品になります。

 

きゅうりの中華漬け

・きゅうり4本

・砂糖 おおさじ1

・酢 おおさじ3

・醤油 おおさじ3

・にんにくすりおろし1片分

・しょうがすりおろし(ニンニクと同じくらいの量)

・お好みで鷹の爪

キュウリを乱切りにし、他の調味料と一緒にビニール袋に入れ混ぜて

出来るだけ空気を抜くようにしてしばります。

f:id:nanaio:20150507184057j:plain

この状態で常温で1日置きます。(真夏は冷蔵庫で保存してください)

途中水分が出てきますので中の空気を抜いて再度しばっておきます。

f:id:nanaio:20150508175831j:plain

ぱりぽりおいしい中華風漬物の出来上がり。

 

白菜の塩昆布漬け

・白菜の葉5枚

・塩昆布2つまみ

・塩こさじ1

f:id:nanaio:20150516163317j:plain

白菜は2センチ幅ほどにざく切り、塩昆布と塩をビニール袋に入れ

口をしっかり持ってしゃかしゃか降り混ぜます。

出来るだけ空気を抜くようしばります。

f:id:nanaio:20150516163447j:plain

最初はあまり空気が抜けていませんが水分が出てくると空気が抜けますので

何度か空気を抜いて袋の口をしばりなおします。

f:id:nanaio:20150516210010j:plain

数時間後、このようにほどんど空気を抜くことが出来ます。

冬は常温で2日、春秋は常温で1日、夏は冷蔵庫で2日で食べ頃です。

水気を絞っていただきます。

塩昆布の袋漬けはキャベツやニンジン、大根など色んな野菜で作れます。

 

きゅうりの甘酢漬け

・きゅうり2本

・塩昆布ひとつまみ

・すしのこ 小さじ2(なければすし酢大さじ1)

「すしのこ」は簡単に酢飯が作れる粉です。

 キュウリはスライスしビニール袋にすしのこと塩昆布を入れしゃかしゃか振って

空気を出来るだけ抜いて袋の口をしばります。

f:id:nanaio:20150516163116j:plain

常温で15分ほど置いておけばすぐ食べられます。

ほぐしたカニカマやごまを和えても。

f:id:nanaio:20150516174115j:plain

スライスした大根と人参とすしのこで同じように作りゴマを振れば

お正月にもおいしいなますの完成です。

 

ナスの塩もみ

・なす 1本

・塩 こさじ1

・かつおぶし、おろししょうが、醤油(お好みで)

なすを薄くスライスしボールに入れ塩を振ります。

f:id:nanaio:20150501181124j:plain

そのまま手で混ぜ揉めばすぐに水分が出てきます。

f:id:nanaio:20150501181414j:plain

数分でこの状態。水分を絞り一度水を張り、再度絞ります。

f:id:nanaio:20150501181733j:plain

かつおぶし、おろししょうが、醤油を少し垂らしてさっぱり美味しいです。

なすを切ってもんで絞るだけ。10分もあれば完成です。

 

ドレッシング漬け

cookpad.com

 玉ねぎや青紫蘇と一緒にミキサーにかけていつもこのドレッシングを作り置きしていますが、これを野菜と一緒に袋に入れても簡単漬け物になります。

玉ねぎ入りのこのドレッシング、サラダや漬物だけでなく焼いたお肉にかけてもおいしいです。

 

どれも簡単にできるものばかりです。

ちょっと残ったお野菜でぱぱっともう一品。

是非お試しください。

 スポンサードリンク

 

スポンサードリンク