読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの日記とおかんメシ

日常の出来事、料理の記録、思いついたこと

スポンサードリンク

残り汁で簡単!カップめん茶碗蒸し&卵ふるふるスープ 

ツイッターのタイムラインにカップめんの残り汁で作る茶碗蒸しが流れてきました。

うちでは数年間にどこかで聞いてそれ以来よくやっていました。

今では子供たちも自分で勝手に作って食べるお気軽もう一品となっています。

作り方は簡単。カップめん(袋のインスタント麺でも大丈夫)を食べた後の残り汁を皿に移して、卵をひとつ割りいれよーくかき混ぜて、電子レンジで加熱するだけ。

f:id:nanaio:20151031101602j:plain

写真は小学2年の息子が自分で作ったものです。元はマルちゃん麺作り(しょうゆ)

カップめん一人前に対して、卵一個はかなり緩めの茶碗蒸しのようになります。あまり緩ければ2個入れてもいいかも。加熱時間はレンジ用のフタをして4分半かけています。お皿やスープの冷め具合によっても加熱時間は違うので3分くらいかけてから様子をみたほうがいいかもしれません。

これ、色んなインスタント麺で子供たちが試しています。だいたいのものはおいしくいただけるようです。

私は「どん兵衛」などのうどんやそばの和風麺の残り汁で作るのが一番スタンダードな茶碗蒸しといった感じで好きなのですが

 子供たちのイチオシはマルタイ棒ラーメンの鹿児島黒豚とんこつラーメンの汁。

これ、カップめんではなく袋麺ですが、ラーメンもかなりウマイです。

 シーフードヌードルの残り汁茶碗蒸しも子供たちには人気。

 最近我が家ではじいさんまでこれウマイな!と残り汁茶碗蒸しを作るようになりました。

是非一度お試しあれ。

 

もう一品。残り汁ではないですが、我が家で人気の卵ふるふるスープです。こちらも簡単ですので是非試してみてください。

<材料>

・水 800CC

・かつおの粉末だし 小さじ2

・塩 小さじ3分の1

・みりん おおさじ1と半分

・しょうゆ おおさじ2

・具材 茶碗蒸しに入りそうなものならなんでも。今回はしいたけと春菊使用

・たまご 2個

<道具>

・大き目の鍋とその中にすっぽり入ってフタが出来るサイズの金属性ボウル

・もう一つ手鍋

<作り方>

たまごと春菊以外の材料を手鍋に入れ火にかけ、澄まし汁を作ります。

(澄まし汁の味の濃さはお好みで調整して下さい)

澄まし汁を作っている間に、大きめの鍋に深さ2センチほどの水をはり、ボウルにたまご2個を割りいれよーくほぐします。ボウルを大きい鍋の中にセット

f:id:nanaio:20151105171216j:plain

澄まし汁が沸騰し具材に火が通ったら、火を止め5分ほど冷まし、オタマで少しずつボウルの中へいれ箸でかき混ぜます。

最初はオタマ一杯分ずつ、半分ほど入ってしっかり混ぜればあとはざーっと入れても大丈夫です。ボウルからあふれないよう注意。

f:id:nanaio:20151105172624j:plain

鍋にふたをして中火にかけ蒸します。5分ほどすると表面が白くなるのでそっと春菊の葉先を乗せ、さらに5分ふたをして中火にかけます。(春菊でなければ最初の澄まし汁に入れておいて合計10分ほど加熱すればOK)

f:id:nanaio:20151105174136j:plain

真ん中に箸をさして透明な汁が出てくれば出来上がり。

(にごった色の汁が出ればさらに数分加熱して下さい)

f:id:nanaio:20151105174823j:plain

お汁がじゅわーっと染み出て、ふるふるの食感。溶き卵の汁とは違ったおいしさがあります。

コンソメスープで洋風、中華スープなどでもおいしいですよ!

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク